お米のとぎ汁 活用方法

サイトトップ → お米のとぎ汁 活用方法

お米のとぎ汁を活用しよう

お米のとぎ汁は、お掃除・美容・植物の栄養剤など、色々な活用法があるんです(o^∇^o)

お米のとぎ汁は油分が含まれているので、環境悪化汚染の一要因にもなっていると言われますが、流さず活用することによって、環境にもお財布にも優しい生活ができます♪

流してしまわずに、空きペットボトル・霧吹きなどに移して活用しましょう

お米のとぎ汁 活用方法

1.拭き掃除でワックスいらず

軽くフローリングを水ぶきした後、霧吹きに移したとぎ汁を吹きつけます。

そのあとは、乾いた雑巾でさっと床拭き♪

お米のとぎ汁には油分が含まれているので、油分がフローリングをコーティングしてくれるのです♪

普通のワックスがけだと、拭き終わったあと、よ~く乾かさないと失敗しちゃうけど、お米のとぎ汁はタダだし、エコだし、簡単だし、失敗知らずだし、ずぼらちゃん&節約家の方々にはもって来いですよね(*^▽^*)

それと、フローリングだけではなく、ステンレスを磨くとピカピカになります♪

2.お花の水やりに

お米のとぎ汁にはビタミンB1・B2・脂質・でんぷん質などが含まれているので、お花や観葉植物の水やりに利用すると、とても成長がよくなります(*^▽^*)

庭木にかけるときはとぎ汁をそのままかけても良いですが、室内の植木に使うときは栄養分が豊富すぎるため、薄めて与えて下さい。

3.野菜の下ゆでに

大根やごぼうなどの野菜を、お米のとぎ汁で下ゆですると、白くキレイに茹で上がり、水で茹でるよりもアクが良く抜けます♪

とぎ汁に含まれているでんぷんの細か~い粒子が野菜を覆って、酸化しにくくなるからだそうです♪水道料金の節約にもなるし、一石二鳥(*^▽^*)

4.お皿洗いに

洗い桶にお米のとぎ汁を入れて、食器をつけ置き洗いすると、ひどい汚れでなければ洗剤を付けなくてもキレイに食器洗いできます。

一晩、コップやガラス食器などをつけておくと、いつもよりもピカピカになりますよ(≧∇≦)ノ♪

5.洗顔後にすすぐだけで、化粧水&乳液効果☆

洗顔をしたあと、流水でキレイに洗顔料を洗い流してから、最後にお米のとぎ汁でかるく流します。

これだけででんぷん質が肌の表面を守り、油分が潤いを与えてくれます。