作ってみよう!豆乳ローション

サイトトップ → 作ってみよう!豆乳ローション

豆乳ローションの効果

  • ムダ毛が薄くなる
  • 体臭解消効果
  • 部分ヤセ効果肌が潤う(乾燥しない)
  • シワ取り効果
  • テカリの改善
  • 美白効果・シミの解消
  • ニキビの解消
  • 傷跡の修復

豆乳ローションの作り方

使うもの(半月分)

  1. 豆乳 250ml → 大豆固形成分8%以上で、無調整のものがおすすめ♪
  2. レモン 1個
  3. 消毒用アルコール 30ml → 消毒用エタノールなど。薬局で売っています。
  4. 鍋・計量カップ・レモン絞り器・キレイなふきん・ざる・ボウル・キッチンペーパー

1.レモンを洗った後、絞り器で絞る。

皮にはシミの原因になるソラニンが含まれているので、混入を避けるためにクッキングペーパーなどをレモンの皮にかぶせて絞ってください。

2.豆乳を鍋に入れ弱火にかける。

60度ほどになるまであたためて、レモン果汁を入れる。

温度が上がりすぎると有効成分が壊れちゃいます!なので、表面に膜ができないように注意してください!温度計がないときは、お風呂のお湯より少し熱いくらいで果汁を入れてね☆

3.コンロから下ろす。

さっとかき混ぜてみて、トロトロした状態になったら、コンロから下ろす。

消毒用のアルコールは着火しやすいので、必ずコンロから下ろしてね☆

4.消毒用のアルコールを加えて、かき混ぜる。

乾燥肌の方は少なめに、脂性の方は多めに入れてください。季節によっても変えてみてネ!

5.冷ます。

ボールにざるを置いた上に、キレイなフキンを敷いて、その上にキッチンペーパーを二枚重ねする。

そして、4を注ぎ込み、そのまましばらく放置して冷ましましょう☆

6.絞る。

手をせっけんで洗ってから、フキンの上から絞っちゃいます。一度絞ってから、2、3分置いてから絞ると、もっとたくさん絞れます。

大豆アレルギーのない方は、搾りカスを肌に塗ってみてね☆しっとりスベスベになります♪

7.キレイな容器に詰め替えて、出来上がり~\(^▽^)/

出来上がった豆乳ローションは、冷蔵庫保存で10日程使えます。絞った液体をもう一度コンロにかけて、65度で30秒ほど再加熱すると、冷蔵庫で一ヶ月ほど保存できます。ローションには引火しないのでご安心を!※変なにおいがしてきたら、必ず使用を中止してください!

冷凍保存もできますが、解凍する時は必ず自然解凍してください。

豆乳ローションの使い方

ムダ毛が気になる部分や、乾燥が気になる部分にたっぷり縫ってみてください。

顔・首・背中・胸・おなか・腕・足・ビキニラインなど、全身に使用できます。

一日に朝と晩と2回ずつ塗るのが基本ですが、できるだけ清潔な肌に使用してください。

お風呂上りの毛穴が開いている時が効果的(≧∇≦)

塗った後の化粧品を使用しても大丈夫です♪

※ローションを使う前には必ずパッチテストをしてくださいね♪

最近は作るよりも豆乳ローションを買うことが多くなりましたね…。